検索する

CATEGORY

  • 髪飾り一覧
  • 成人式・卒業式用髪飾り
  • 和婚式用髪飾り
  • 洋婚式用髪飾り
  • コサージュ一覧
  • 業者様向け イベント用コサージュ
  • オンリーワン最高の逸品を。 オーダーメイド〜Order Made〜
  • 結婚式用髪飾りについて
  • ヴェールパレット.のこだわり
  • パーソナルカラーデザイン
  • 花の色見本
  • アーティフィシャルフラワーについて
  • アーティフィシャルフラワーのお手入れ方法
  • お客様の声
  • メルマガ登録
  • ヴェールレット.ブログ

店長紹介

辻村みゆき Vertpalette. ヴェールパレット.代表兼デザイナー

★笑顔の連鎖
★花を美しく彩る
★和の癒し
そんな思いがギュっと詰まっている
「素敵アイテム」の私の作品をぜひ、お楽しみ下さい♪
>>詳しくはこちら

お電話でのご注文 0120-94-8385(10:00〜21:00)通話無料

FAXでのご注文 0774-38-1248(24時間365日)

アーティフィシャルフラワーとは。

一見、生花と疑わないほど、精巧につくられた花です。


微妙な色合いや、咲ききらんばかりの花の表情は、本物と見間違うばかりです。

ヴェールパレット.の髪飾りやコサージュの作品は、すべて本物の花と見間違えるほどの質感を持つアーティフィシャルフラワーを使用しています。

ここ数年で、種類・色が格段に増えたアーティフィシャルフラワー。

今までの造花のイメージを払拭させるほど、ハイクオリティなものになってきています。


その豊富な種類の中には、質感が「生」により近いものまで開発されています。
この質感が「生」により近いものは、触れてみると、そのみずみずしさに驚きます。

最高級物を使うことより、髪飾りやコサージュも、よりリアルにそして、どんなものにも合わせて頂いても見劣りしない作品に仕上がります。

ヴェールパレット.のコサージュや髪飾りの素材は主にポリエステル生地で出来ています。

造花ですので、生花のように水やりや、枯れた花びらを取り除く必要がないので手間も心配もいりません。

当然、持ちもよいので、屋外のイベントやパーティ、発表会などのコサージュや髪飾りとしてもとても使いやすく、適しています。

また、生花ではエアコンなどの風が直接当たるとすぐにダメになってしまいますが、そのようなことを気にしないで、飾ったり、使ったり出来るところもいいですね。

アーティフィシャルフラワーは造花でありますので、葉や茎の部分にワイヤーが入っています。
そのためワイヤーを曲げることで形を自由自在に作ることができます。

その特性を生かして、髪飾りやコサージュも、よりナチュラルに見えるようにデザイン・構成しています。


さらにアーティフィシャルフラワーは直射日光に対してもかなり強いです。
(色、素材によっては日焼けするものもあります。)

但し、長い時間飾ると、どうしても埃がつき花の色が冴えなくなります。
その場合、ハケで埃を取ったり、花の部分を外して水洗いしていただくと、また元のリアル感が蘇ります。

ご自分で簡単なお手入れができますので、髪飾りやコサージュなども使用後、汚れなどが目立つ場合は、さっとお手入れをして、保管下さい。

その時、葉の部分を少し丁寧にお手入れ下さい。
随分見た目が変わります。

あまりに汚れがひどい時は、家庭用の食器洗剤を水を張ったバケツなどに少し落とした洗浄液で洗って下さい。

この方法は、お花崩して洗える場合の方法です。
髪飾りやコサージュは、1本、1本崩せない構成のものは、水洗いなどは避けて下さい。


また、アーティフィシャルフラワーは素材がポリエステルの布を使用しているため、花びらのフチのところが「ほつけ」て毛羽がでてきます。

この「ほつけ」が、髪飾りやコサージュを安っぽく見せてしまうことにもなりかねませんので、ご使用後、「ほつけ」がひどい場合は、よく切れるハサミで処理してください。

また、カット処理後、お花の縁に透明のマニュキアを塗ると「ほつけ」を防ぐことができます。


■ヴェールパレット.の髪飾りコサージュではすべての作品を作る際、花を組み合わせる前に
花材の毛羽を切り落とす作業を加えております。


このひと手間がお客様から「生花のようにリアル!」と喜んで頂けてます。
もちろん、当店のアーティフィシャルフラワーは、さまざまな種類の中からリアル性を重視して花材厳選し、リアル性の高くなるような色使いの花材を使用します。

また、花材の組み合わせの配色にも気を配ってます。いくら精巧に作られているからといってもアーティフィシャルフラワーは生花ではないので、新鮮さという魅力が表現しづらいところです。

そこで、気をつけることが「色使い」です。多色相を組み合わせた色相配色や、色相を絞り込んでトーンを変化させたトーン配色など、配色技術によってリアルさ、新鮮さを表現しています。詳しくはヴェールパレット.のこだわりをご覧ください。




よくある質問

★アーティフィシャルフラワーとアートフラワーと同じでしょうか?

アートフラワーとは、布地のお花を、花びら1枚1枚から形を作り、染めて花に組み上げる作業のことをいいます。アートフラワーによって出来上がった花をアーティフィシャルフラワーといい、ヴェールパレット.では、その花を作る工程は行ないません。

★アーティフィシャルフラワーには生花にないようなお色のものはありますか?

基本的にはないとお考え下さい。

生花のようにリアル性を追求したアーティフィシャルフラワーであるため、基本的には生花にないようなお色のものはありません。

ただファッション性の観点から黒いやゴールド、シルバー、グレーといった色も稀に製造されることがあります。

黒いドレスに合う髪飾りとしてブラックローズの髪飾りやシルバーのラメの入ったお花を使用した髪飾りをお求めになられることがあります。

タイミングによっては仕入れることができますので、お気軽にご相談いただければと思います。

生花と見間違うまど美しい造花を使った髪飾りコサージュをぜひ、活用して下さい。

コサージュのお手入れ方法

髪飾りやコサージュを長く楽しむための造花のお手入れ方法


コサージュや髪飾りって、お手入れ不要なので、使用後は、そのまま専用のケースに保管。
というケースが多くないですか?

ケースに入っている場合は、良いのですが、そのまんまだと、埃がかぶってしまって、次に髪飾り・コサージュとして使おうと思っても使えなくなっていたりします。

ヴェールパレット.の髪飾りやコサージュは、造花なので、はちょっとしたお手入れでより長く、何度も楽しむことができます。


造花の主な素材は、

 ・ポリエステル系繊維
 ・プラスチック系樹脂

この2種類の場合が多いです。

髪飾り・コサージュ:::造花

最近の髪飾りやコサージュで使用している造花の性能は高く、質も良いので、生花と見間違えてしまうほどの美しさです。

造花の主な材質、ポリエステル系樹脂で出来ている造花のお手入れ方法をご紹介します。


その他の材質の造花のお手入れ方法も同じです。
お気に入りの髪飾りやコサージュを何度も楽しめるように、お手入れ方法を参考にして下さい。



手順1:軽いホコリの場合

毛先が柔らかい刷毛などで優しく払ってください。


髪飾り・コサージュ:::お手入れ

100円ショップなどで売っている、料理用の刷毛などで充分です。



手順2:少し汚れている場合

薄めた中性洗剤を柔らかい布に湿らせて、優しくふき取るようにしてください。

コサージュ・髪飾り:::お手入れ

ゴシゴシは、コサージュや髪飾りで使用しています造花が痛んでしまうので、厳禁ですよ。

また、造花によっては、洗剤で色が変色してしまう場合もあるので、ごくごく少量の洗剤を水(ぬるま湯がベスト)で薄めてくださいね。

造花に、「洗剤で洗わないで下さい。」などと書かれているものは、水で湿らせた布で拭いてくださいね。



手順3:汚れがこびりついてしまっている場合

繊維にからみついた汚れや、ニコチン、ヤニ、油などのしつこい汚れの場合は、少量の中性洗剤をぬるま湯で溶かして、その中に造花を入れて、数分、浸け置きします。


髪飾り・コサージュ:::お手入れ

その後は、造花はしっかりすすぎ、水洗いをし、日陰で乾かします。

コサージュ・髪飾り:::お手入れ

この方法は、必ず造花を単品にした状態でおこなって下さい。
コサージュや髪飾りの状態のまま、つけ置きはされないでくださいね。

また、洗剤で変色してしまう造花もありますので、洗剤を使われるときは、注意が必要です。

水洗いされる場合は、若干の型崩れ、造花の劣化は避けられませんので、その点もご了承の上、洗ってくださいね。


プラスチック系樹脂で出来ている造花の場合は、シンナーなどの溶剤を含んだもので拭いたりした場合、素材自体、変色する場合もありますので、注意が必要です。

汚れがひどくなると、お手入れにも手間がかかりますので、コサージュや髪飾りとして使用後に埃が目に付いたら、優しく吹いたり、さっと刷毛で払ったり。ということをこまめにしておけば、簡単なお手入れだけで、長く、綺麗な状態で、楽しめますよ。


■直射日光について

コサージュや髪飾りは、屋外で使用することも多い商品です。
長時間、直射日光にさらされたままの状態であれば、造花も変色したり、劣化したりしますが、そのような状況でない限り、直射日光によって、変色したり、劣化したりすることは、まずありません。

ただ、炎天下の車のダッシュボードの上などに、長時間放置されてしまうと、プラスチック系樹脂が主の素材の場合は、変形してしまいますから、注意してください。

また、ストーブなどの熱を発する付近に長時間、放置することも避けてください。


この点を注意すれば、コサージュや髪飾りなど、屋外で心置きなく、楽しめます。

髪飾り:::屋外

そして、ご使用後、ケース保存の前に、埃などを綺麗に、払った状態で保管して下さい。



■保存について

長期間、ご使用にならない場合は、コサージュや髪飾りなどは、専用のケースに入れての保管をおススメします。


コサージュ:::ケース

ケース保存は、造花の嫌う埃を防ぎます。


髪飾りやコサージュをケースなどに入れないで、そのままインテリアなどとして、飾られる場合は、 先にご紹介した、お手入れ方法で、埃が気になれば、こまめに払ってあげる。
などのお手入れをしていれば、長く楽しむことが出来ますよ。


お手入れ簡単で、気軽に楽しめる造花を使ったコサージュ髪飾りをヘビロテで楽しんで下さいね。

 

トップ > コサージュ一覧

コサージュ一覧

ヴェールパレット.のコサージュは、生花と見間違えるほど美しく・リアルに見えるように花材を仕上げることにこだわっていますので、実物を手に取られて、とても喜ばれています。
そのため色々なシーンで使われ、花嫁のウェディングドレスコサージュをはじめ、その結婚式の参列者の方から卒園式や入学式、卒業式でのお子様やお母様、そしてお子様の習い事の発表会など、また趣味サークルの発表会など、年齢層も幅広く、多くのお客様に使われています。

さらには、個人のお客様だけでなく、企業様のイベントパーティや、セレモニー用のコサージュとしてもとてもご好評をいただいております。
このような様々なシーンでヴェールパレット.のコサージュが使われている理由には、TPOに考えた色やお花、デザインなどを見極め、お客様のご要望に沿って1つ1つ作り込んでいるからです。
そして何度でも使って頂けるように、制作にもこだわりを持って丈夫に作っています。

最近では、ご自身のためのコサージュだけでなく、プレゼントとしても喜ばれています。
結婚式の時、感謝の気持ちを込めて贈るコサージュや、お誕生日、記念日などのお祝いとして贈られるお客さまも増えております。

  • コサージュとは
  • コサージュの付け方
  • コサージュQ&A

全16件

コサージュとは

コサージュとは、生花や造花のブローチタイプの装飾品です。コサージと呼ばれることもあります。
コサージュは、相手に喜びを伝えたいときにつける小さな花のことです。
またその花に模した作り物の花飾りをいいます。

付ける位置は、胸や腰、肩です。胸元は左胸に付けることが多いです。
元来の発生が、相手に喜びをあらわしたいという感情が込められた装飾で、フォーマルな装いに
あわせることが多いですね。

本物の花を細い針金やテープでまとめて飾れるように形を整え、花だけでさみしい感じがする場合は
リボンやチュールを添えて華やかさを演出したりします。
造花(シルクフラワー)についても同様です。
本物の花の代わりに、最近は布を束ねて花に見立てたり、レザークラフトで花の形に作ったりしている
コサージュもあります。

付ける位置にもこだわらず、帽子やバッグのアクセサリーとして、またブローチ代わりにショールやスカーフの
留め具としても使用される方も増えてきました。
今やコサージュはブローチとともに、クラッシックスタイルを演出できるトレンドアイテムとして大注目されて
います!

最近のコサージュは、大ぶりで派手めのものをドーンとつけるのがポイント!
デコラティブなデザインのものが旬ですね。
(デコラティブとは、装飾的なの意味で、装飾をあしらって飾り立てるといった意味に使われることが多い)

街でよく見かけるコサージュは、お花にゆらゆら揺れるフリンジやリボンがプラスされたコサージュや
留め具が2種類ついて、コサージュや髪飾りなどにも使えるコサージュも多くみかけます。
また、和風テイストのコサージュなんていうのも素敵です。レーヨンちりめんなどの布を取り入れたりした
コサージュなのでアレンジ次第で洋服でも和服でも使えますね。
和服に付ける時は、帯のところにさして帯飾りコサージュとして使われるとおしゃれです。

コサージュのいいところは、服はシンプルでも、胸元に一つコサージュがあるだけで、
ファッションのスパイスになったり、パールネックレスのジャラジャラ付けに、大きめなコサージュを
添えるシャネル風スタイルを気軽に楽しめるところかもしれません。

コサージュの付け方

コサージュを美しく見せるための、付け方のちょっとしたコツをお教えします!

「コサージュを上手に付けるコツみたいなものはありますか?」と、先日、聞かれました。
普段、コサージュってどんなふうに付けていますか?

コサージュも、ちょっとしたコツで、簡単にとても美しく、見せることができますよ。
そのコツをご紹介します。
まず、コサージュというのは、大抵が、コサージュピンというものが付いていると思います。
下の写真のような金具のことです。

コサージュの付け方

どうしても、この1つのピンだけでコサージュを付けようとすると、付けたときに、
上記の写真のようにお花が下向きになったりしてしまう時があります。

特に、生地が柔らかいワンピースなどに付ける場合は、生地が傷んだりしないかと、
心配にもなりますよね。
そんな時には、コサージュを付ける部分の生地を厚めにすると良いのです。

ヴェールパレット.のコサージュには、下記のようなフェルトと安全ピンを無料にて
お渡ししています。

こちらを使います。

コサージュの付け方

フェルトを下記の写真のように、コサージュを付ける部分の生地の裏側にあて、その部分の記事を丈夫にします。

コサージュをつける部分の生地に厚みが出れば、安定感も出てきますし、生地の痛みも最小限に抑えられます。

コサージュを付けるときは、できるだけ、生地は厚め(多め)にとって付けて下さいね。
これひとつで、付けた後の見た目が全然違ってきますよ。

コサージュの付け方

こんな風にね。 安全ピンは、当て布をしても、まだお花が傾いてしまう場合は、
もう一点、固定すると、コサージュが安定する点を探して、その点を安全ピンで留めて頂くと、
コサージュがさらに安定します。
下向いたコサージュが正面を向きだけで華やかさが違うので、一度、試してみてくださいね。

コサージュを綺麗に見せることまでも考えてお作りしています。
また、「ブローチピン」「安全ピン」をご使用の際は、針先にはくれぐれもご注意下さい。

★ヴェールパレット.でお買い上げ下さった全員に、コサージュの付け方を書いた簡単な用紙と、
つけるときに必要な当て布(フェルト)と安全ピン(固定用)を一緒に同封しています。
●コサージュの持ち手には、コサージュにあった色のリボンが巻かれています。

コサージュQ&A

ここでは、よくお問い合わせ頂くことをまとめています。ご参考ください。

コサージュの付け方を教えて下さい。

コサージュの付け方は、お店によって色々あるようですが、弊社のコサージュは、茎を下にしてつけて下さい。 茎を下にしてつけて頂くと一番素敵に見えるようにお作りしています。

こちらのコサージュは生花ですか?アーティフィシャル(造花)ですか。

弊社のコサージュは、すべてアーティフィシャル(造花)での作品です。
カラーデザイナーとともに、花材選び・色選びをすべて行なう、
オリジナルコサージュです。

どうしてもコサージュがぐらついてしまいます。

弊社のコサージュは、後ろにピン(30mm)がひとつ付いています。
どうしても、この1点だけでは、コサージュが左右、上下に動いてしまうようです。
そんな時は、コサージュを付けるときにすくう布地を少し多めにとったり、
当て布をしてみたり、また、しっかり固定する箇所をピンで留めるなどして下さい。

こちらも参照に。 → 

コサージュをつける位置を教えて下さい。

コサージュを付ける位置は、特に決まりはありません。
昔は、左胸が基本。と言われていた時もありましたが、最近は、
胸元や首・腰など、ドレスやご用途に合わせて色々とアレンジされて
楽しまれる方が多くなってきました。

素敵な箇所を見つけて、色々アレンジして楽しんでください。
正装が重要視されるような時は、左の胸元に付けられるとよろしいでしょう。

こちらのブログも参照に。 → 

ギフトに最適なコサージュを教えて下さい。

こちらは、特に決まったコサージュはございません。
送られる方の年齢や好み、ご用途などで決められるとよろしいかと思います。

ご心配ならば、どんなお洋服にも合う、白基調のコサージュや、下に流れるような
ナチュラルな雰囲気のコサージュもとても喜ばれています。

髪飾りのデザインをコサージュに変更はできますか。

はい。可能でございます。
髪飾りで、お好きなデザインがございましたらぜひご相談下さい。
逆に、コサージュを髪飾りに変更もできます。

コサージュと一緒に同封されているフェルトと安全ピンの使い方について教えて下さい。

こちらは、コサージュのぐらつき防止のためのアイテムです。
フェルトは、当て布に、安全ピンはぐらつく時に、別の箇所を留める時にお使い頂きます。

コサージュと一緒に簡単な付け方を書いた紙も同封致しますのでそちらもご覧下さい。
こちらも参照に。 → 

黒に映えるコサージュを教えて下さい。

コントラストを出したいのであれば、「白基調」のコサージュがよろしいかもしれません。
モダン・シックな雰囲気を出したい時は、「赤ワイン」系のコサージュもよろしいかもしれません。
こちらのブログも参照に。 → 

白に映えるコサージュを教えて下さい。

白のお洋服の場合、どのようなお色でも素敵にまとまります。
ピンク系のコサージュですと、かわいい雰囲気になりますし、青系でしたらさわやかにまとまります。

ベージュ系などは、少しアクセントが足りなく感じるかもしれませんので、
アクセントのお色を少し入れたコサージュがよろしいかと思います。
こちらのブログも参照に。 → 

コサージュ初心者なのですが、何かアドバイスはないですか。

最初は、こじんまりとまとまったコサージュがよろしいかもしれません。
お洋服にさりげなく付けられて、コサージュの雰囲気を楽しんでください。
コサージュになれてきましたら、色々な雰囲気のコサージュを楽しまれると楽しいですよ。

コサージュと髪飾りの両方つけてもごちゃごちゃしませんか。

セットでお付けになられる場合は、コサージュと髪飾り、共通の花材が入ったものにされるとより、統一感も出てよろしいかと思います。

また、大きさも、二つ付けるということで、通常よりも小さめでまとめられるとごちゃごちゃする感じもないと思います。

コサージュをつけるピンについて教えて下さい?

こちらは、ひっかけのピンでございます。
大きさは、色々とありますが、30mmのものを使用しています。
この大きさがどなたにでも付けやすい大きさのようです。

針がむき出しになっていることもございませんので、簡単に付けたり外したりが可能です。

コサージュ注文から納期までの日数を教えて下さい。

ご注文日から、営業日3日以内での発送が基本です。
(休業日(土・日・祝日)のご注文や、休業日の前日などはこの限りではありません)

在庫の取寄せ中、発送までお時間を頂いてしまう場合などは、ご連絡を致しますので、そちらをご確認の上、ご都合が悪い場合は、折り返しご連絡下さい。
詳細な発送日などを事前にお知りになりたい場合は、メールあるいは、お電話にお問合せ下さい。
TEL:0120-94-8385
FAX:0774-38-1248
メール:info@vertpalette.com
宅急便・ゆうパックでの発送の場合は、基本は、発送日の翌日到着です。
(遠方の場合は、翌々日到着や、翌日の午後以降の配達の場合もあります。)

同じデザインのコサージュをたくさん欲しいのですが。

個数によっては、花材の取寄せなどが必要なりますので、詳細をご連絡下さい。
お作り可能かどうか、発送日などのご連絡を折り返しこ連絡致します。
TEL:0120-94-8385
FAX:0774-38-1248
メール:info@vertpalette.com

ギフトラッピングはできますか?

簡単でよければ、無料にて承ります。
贈られる前に、中身の確認ができるように、コサージュケースの上から、リボンで飾るという形のラッピングです。
ご希望の方は、ご注文時に備考欄などにお書き下さい。

その他、ご質問があります際は、こちらよりお問合せ下さい。

業者様向けイベント用コサージュ

ご購入額合計10,000円(税込み)以上の場合、送料を無料配送地域に応じた送料を承ります。

・ヤマト運輸
・ゆうパック
・はこBOON

 詳しくはこちら

商品代金のお支払いは以下の方法をお選びいただけます。
★代金のお支払いとは、商品代金+送料+手数料(代引き・コンビニ後払い)になります。

・コンビニ後払い ※後払い手数料: 205円が必要です。
・クレジットカード VISA,MASTER,AMEX,JCB
・代金引換 ※代金引換手数料324円が必要です。
・銀行振込み・郵便振替(すべて先払い)

 詳しくはこちら

PAGE TOP